Discovery 第六号 リアルショック‼︎青年TYPHOON

来自inm中文维基
跳转至: 导航搜索

ヌキどころいっぱい!ディスカバリー

爽やか青年の海ファック、スタッフとの3Pでしっぽり本気[マジ]プレイ! 所狭しの野外道中ファック、鍛え抜かれた肉体美、初釜堀りに感激発射。 心では抵抗できても体はバッチシ反応しちゃうんだなぁ、悲しきノンケの性。 今時風の若い子から、がっちり筋肉質の青年まで34名惜しみなく脱がさせて頂きます。

全裸逆立ち「マザーごめんなさい」・バイブ綱引き・アメリカンポリス無理矢理フェラ。

部分采访内容

蝙蝠侠兄贵 「那么能先告诉我你的年龄吗?」

野兽先辈 「24岁」

蝙蝠侠兄贵 「24......已经工作了吗?」

野兽先辈 「我是学生」

蝙蝠侠兄贵 「是学生啊,有趣...那么你的身高和体重呢?」

野兽先辈 「我身高170公分,体重74公斤。」

蝙蝠侠兄贵 「74公斤......你现在有做过什么运动吗?看起来好像很结实的。」

野兽先辈 「好吧,我倒是没有特别做什么,不过有在健身。」

(以上部分『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』中也包含)

蝙蝠侠兄贵 「你有女朋友吗现在?」

野兽先辈 「我现在没有。」

蝙蝠侠兄贵 「你现在没有...那么你们什么时候分手的?」

野兽先辈 「今、去年吧...

蝙蝠侠兄贵 「嗯,去年吗?」

野兽先辈 「嗯对。」

蝙蝠侠兄贵 「你曾经去过那些风俗店吗?」

野兽先辈 「嗯,当然咯。我曾经去过。」

蝙蝠侠兄贵 「比较偏好哪种玩法呢?」

野兽先辈 「说的是呢...对我来说,还是王道征途,泡泡系吧。」

蝙蝠侠兄贵 「哇,泡泡系。挺贵的吧。」

野兽先辈 「有些比较便宜吧。」

蝙蝠侠兄贵 「那手冲什么的有在搞吗?」

野兽先辈 「这个可以有!(名言出现)」

蝙蝠侠兄贵 「有吗?」

野兽先辈 「是的,有有有。」

蝙蝠侠兄贵 「那,每周多少次呢?」

野兽先辈 「嗯...啊我忘记啦有多少次不记得了,只能说很频繁,你懂得。」

蝙蝠侠兄贵 「那么,嗯,最近是什么时候呢?」

野兽先辈 「最近就,三天前吧。」

蝙蝠侠兄贵 「啊,三天前啊。说起来你这个身体练结实了会很有自信吧?」

野兽先辈 「也不一定啦,比如说脱衣服就有点麻烦了。」

蝙蝠侠兄贵 「啊...是尺寸不对吧。」

蝙蝠侠兄贵 「你这样被别人看会害羞吗?」

野兽先辈 「不,完全不会。」

蝙蝠侠兄贵 「全然大丈夫?うん」

(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)

蝙蝠侠兄贵 「結構水着の跡が、ついてるね」

野兽先辈「そうなんですよ」

蝙蝠侠兄贵 「うん」

野兽先辈「行ったばっかりなんで」

蝙蝠侠兄贵 「そうなんだ」

(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)

蝙蝠侠兄贵 「結構、じゃあ、海…こう日焼けとかする時は」

野兽先辈「はい」

蝙蝠侠兄贵 「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」

野兽先辈「焼くときは!(大声)

蝙蝠侠兄贵 「焼くときは」

野兽先辈「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」

蝙蝠侠兄贵 「海パンで」

カシャン!(シャッター音)

蝙蝠侠兄贵 「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」

野兽先辈「こういう感じでいいですか」

蝙蝠侠兄贵 「うん」

(野獣、競パンを脱いで白のボクサーブリーフに履き替える)

(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)

蝙蝠侠兄贵 「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではない?」

野兽先辈「はい」

カシャン!(シャッター音)

蝙蝠侠兄贵 「結構反応してきたね」

野兽先辈「してますね」

蝙蝠侠兄贵 「結構勃ちやすい方なの?」

野兽先辈「勃ちやすいですよ」

蝙蝠侠兄贵 「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」

蝙蝠侠兄贵 「じゃあそのまま脱いでみよっか」

(ボクサーブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)

(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)

(カメラがローアングルになる)

(後ろを向いてオナニー、カメラが金玉にズーム)

(変な座り方でオナニー)

(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)

野兽先辈「ジェイソンズ…(イッちゃいそうなんです)」

蝙蝠侠兄贵 「もうイッちゃいそうなの!?」

野兽先辈「うん」

野兽先辈「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」

蝙蝠侠兄贵 「ホント?」

蝙蝠侠兄贵 「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」

野兽先辈「あっもう」

蝙蝠侠兄贵 「もうちょっと我慢、我慢して」

(我慢してねと言われたのに射精する男優の屑)

(場面変わって、M字開脚の野獣)

蝙蝠侠兄贵 「性感マッサージで(うん)、こう女の子に指とか入れられたことってある?」

野兽先辈「あります」

蝙蝠侠兄贵 「どう?結構感じた?」

野兽先辈「んまぁそう…よく分かんなかったです、そんときは全然良くなかったです」

蝙蝠侠兄贵 「本当?」

蝙蝠侠兄贵 「じゃあね指の方入れてみるから」

蝙蝠侠兄贵 「力見して?」

(バットマンが野獣のアナルに指を入れる)

蝙蝠侠兄贵 「ちょっとこう動かしてるけど、分かる?」

野兽先辈「そこが前立腺ってやつですか?」

蝙蝠侠兄贵 「うん」

野兽先辈「んーあんま気持ちよくないっすね」

(バットマンが野獣のアナルにバイブを挿入する)

蝙蝠侠兄贵 「じゃあちょっと動かしてみるね」

(バイブ起動)

(野獣のチンコの様子をうかがうバットマン)

(野獣のアナルにディルドを入れる)

蝙蝠侠兄贵 「こう、当たってんの分かる?」

野兽先辈「わかるわかる」

蝙蝠侠兄贵 「うん…」

(ディルドを小刻みに揺らす)

蝙蝠侠兄贵 「やっぱバイブは痛い?」

野兽先辈「痛ぁいですね…これは痛い

蝙蝠侠兄贵 「その割には勃ちいいね、うん」

(バットマンにフェラチオされる)

(胸当たりを舐められながら扱かれる)

(ディルドを抜かれる)

(キスをされる)

野兽先辈「イキソ…」

(ラブオイルをたくさんつけて扱くバットマン)

野兽先辈「イクッ!」(NCNC版の『イキソイクッ(高速詠唱)』は編集されたフェイク)

(射精した瞬間のリプレイ)

AV 「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」

蝙蝠侠兄贵 「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」

野兽先辈「大丈夫です」

蝙蝠侠兄贵 「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」

野兽先辈「んにゃぴ(んー…やっぱり)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」

蝙蝠侠兄贵 「やりや、ああ、イキやすいってこと?」

野兽先辈「そうですね」

登场人物


Yaju1-0.jpg